MENU

【2020保存版】ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方

2020 4/22
【2020保存版】ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方
のアイコン画像

ブログ初心者『ブログの書き方とかも全くわからない初心者なんだけど、読まれるブログってどんな風に書けばいいの?』

今回はこんな疑問を解消します。

私はブログ開始して2ヶ月目で収益11万を達成、実際に意識した点などを伝えていきます。

目次

ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方

ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方

特に気をつけるべきは以下の通りです。

ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方
  1. 記事タイトルを考える
  2. 見出しを先に全て考えましょう
  3. 結論→説明→結論の流れを意識
  4. 漢字を減らして書いていきましょう
  5. 役立つ話しを書いていきましょう
  6. 弱気なワードを減らしていきましょう
  7. 見出しと太字をリンクさせましょう

基本、こちらを抑えていけば大丈夫です。深く掘り下げますね。

記事タイトルを考える

初心者のうちは『1記事1メッセージ』を心がけましょう。

ブログ初心者は書いている内に『何について書いていたんだっけ?』と内容がブレます。タイトルで書く内容を自分にも読者にも伝えるイメージを持ちましょう。

実際に私も記事タイトルで『ブログ初心者さんへ記事の書き方を教える』イメージで書いています。

見出しを先に全て考えましょう

ブログは見出しから考えましょう。本でいう所の目次ですね。

目次を定める事で、読者はそれを見るだけでブログの構成を知れます。同時に書き手も書くことを悩まないというメリットもあります。

ちなみにこのブログ記事の構成は以下の通りです。

  • ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方
  • 記事タイトルを考える
  • 見出しを先に全て考えましょう
  • 結論→説明→結論の流れを意識
  • 漢字を減らして書いていきましょう
  • 役立つ話しを書いていきましょう
  • 弱気なワードを減らしていきましょう
  • 見出しと太字をリンクさせましょう
  • ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方まとめ

このように最初にタイトルから見出しまで全て考えるようにすれば、後は見出しに肉付けをしていくだけで記事が出来上がります。

結論→説明→結論の流れを意識

結論→説明→結論の流れを意識

大前提として大体の読者は記事の全てを読んでくれません。

この記事でも結論として『ブログの書き方で初心者が気をつけるべき事』を一番最初に持ってきています。答えを先に提示してその理由を書く事で読み進めてくれる確率を上げる

ここまでしても読んでくれない人は多いです。でもこの形を意識しないと更に読まれません。

漢字を減らして書いていきましょう

これは変に頭いい人におおいんですが、読みにくいので辞めましょう。

ブログで収益化を行う為には膨大な労力と時間が必要になり大体の人は挫折して収益化出来る人は極めて僅かです。

こちらが漢字をもりもり使って書いた文章です。読みにくくないですか?(笑)

ブログで稼ぐってなると、半年くらいは検索エンジンに上がらないので時間はかかります。そこで諦めていく人がほとんどだから成功する人はすくないんですよね

というように漢字を減らす努力をした文章。

読みやすい文章は、ひらがな・カタカナ・漢字のバランスが丁度良い文章。ブログをかいてみて漢字が多いなとおもったら減らすようにしましょう。

役立つ話しを書いていきましょう

最初のうちは『どんな内容かけばいいの?』となりますよね。

初心者のうちは『読み手が必ず情報を得られる記事』を意識しましょう。

駄目な例としては以下の通りです。

今日は代々木公園までピクニックへいってきました!ちょっと風が強くて大変だったけど楽しいピクニックになりました!夜は○○という居酒屋へいきましたよ~

そして良い例がこちら

今日は代々木公園までピクニックへ!風が強くて大変でちょっと肌寒かったです。敷物とかも飛ばされそうになったのでピクニックの持ち物には防寒具であったり敷物を押さえる為の重しを最低限持っていくべき!夜は○○という居酒屋にいったんだけど、ここのぶりの照焼が絶品でした!代々木公園に行く人は5分圏内なので寄ってみて下さい!

このように書けばお花見で抑えていくべき点に加え、その近隣の居酒屋の情報も得られます。このように誰かの為になる記事を書きましょう。

このように書く事で『ピクニック 持ち物』などで検索する人に向けた記事がかけますよね。

平凡な毎日で書く事がない!ってそう思っても書き方次第でいくらにでも広げる事が出来るんです。

弱気なワードを減らしていきましょう

文章というのは伝達力が弱いものです。その中で気をつけたいのが『弱気ワード』

~だと思います、~な気がします、~かもしれません

こちらが弱気ワードです。ブログを読む側からすれば『この記事信じて大丈夫?』と疑問を持つような内容になり伝える力が更に弱くなってしまいます。

弱気ワードを作らないコツは断言をすること。

~です、~で間違いありません、~をすべき

極端な例になりますが『コロナなので外に出ない方がいいかもしれません』よりも『コロナなので外出は控えるべき』と断言した方が伝わりますよね?

見出しと太字をリンクさせましょう

よくありがちなのが文章のあちらこちらが太字で構成されている記事

このように色々な所が太字になっていると読者がどこを重視したら良いか非常にわかりにくいので結果読みにくい文章の出来上がりです。

今回の見出しを例にするなら『見出しと太字だけで意味が伝わる部分だけ太字に

この場合『見出しと太字をリンクさせましょう。見出しと太字で意味が伝わる部分だけ太字に』という意味を視覚的に伝えることができます。

ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方まとめ

ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方まとめ

さて、色々と伝えましたが一番大事なのは記事をとにかく書く事です。最初から完璧に書ける人はいないしたくさん記事を書いて成長しましょう。

その上でここまで説明した事を意識すれば読まれやすいブログを作っていけます。おさらいします。

ブログ初心者が読まれる記事をかく7つの書き方
  1. 記事タイトルを考える
  2. 見出しを先に全て考えましょう
  3. 結論→説明→結論の流れを意識
  4. 漢字を減らして書いていきましょう
  5. 役立つ話しを書いていきましょう
  6. 弱気なワードを減らしていきましょう
  7. 見出しと太字をリンクさせましょう

騙されたと思って1番から7番まで順に行っていきましょう。もっと様々なテクニックがありますが初めはこちらから押さえるべし!

コメント

コメントする

目次
閉じる