MENU

【初心者向け】アドセンス合格にPV数って必要?5記事で合格した私が語る!

2020 3/22
【初心者向け】アドセンス合格にPV数って必要?5記事で合格した私が語る!
初心者ブロガーのアイコン画像初心者ブロガー
アドセンスの合格に必要なPVは?
全然審査受からないんだけど…

今回はこの疑問を解消します。

ただ闇雲に記事を書いても審査に落ちてしまうばかりです。アドセンスの審査に受からない事でモチベーションを下げてブログを書かなくなっては意味がありません。

今回は
アドセンスに合格した方法とそのコツに加え、審査にはPV数などは関係あるのかを公開します。

この記事を参考にしてもらえるとアドセンスへの合格方法がわかり、アドセンスに受からない悩みを解消します。

記事の内容
  • アドセンス合格にPVは必要?
  • アドセンスに合格する為の記事作成
記事の信頼性


当サイト『クチコミ通信』のゆー(@yu_kutikomi)はブログ開始1ヶ月未満・記事数は5記事でアドセンスに合格しています。更に元々在籍していた会社でグーグル相手に広告やアプリを出していた経験有り

目次

アドセンス合格にPVは必要?

アドセンス合格にPVは必要?

ゆーのアイコン画像ゆー
アドセンスにPV数は一切関係ありません。

そう言い切れるのは私自身がブログを初めて10日間でアドセンスに合格したからです。

アナリティクス画面

こちらがその際のアナリティクス画面です。ブログを書いて日が浅いのでTwitterからの流入のみ。これでもアドセンスには受かる事が出来ます。

つまりアドセンス合格にはPV数より記事作成が大事だというお話。

アドセンスに合格する為の記事作成

アドセンスに合格する為の記事作成

こちらではアドセンス合格までに作成した記事からわかった事をお伝えします。

先に数字を書いておくと
5記事で書いた総合計文字数は23122文字。平均すると4624文字という結果になりました。

文字数を無理やりのばしたりする行為は行っておりません。記事を書く際に気をつけていた事を続けて書いていきます。

グーグルの考え『ユーザーファースト』を理解する

何言ってるの?って思われがちですが相手はユーザーファーストをかかげるグーグルです。そのグーグルが何を求めているかを理解する事から始めました。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスして使えるようにすることです。Google 検索であらゆるタイプの情報を、幅広い情報源から簡単に見つけられるようにしているのはそのためです。「エッフェル塔の高さは?」のように、純粋な事実が答えになる質問もありますが、複雑なトピックに関して質問するとき、Google 検索は、さまざまな視点から情報を探して、世界を深く理解するためのツールとなります。
引用元:Google『検索に対する Google の方針』より引用

このグーグルの声を聞いて『ユーザーが複雑な質問をした時でもわかりやすく結果を教えてあげたい』という事だと私は解釈し記事作成をすることにしました。

記事のカテゴリ分けをしっかり行う

単純にグーグルが記事を収集すると考えたら理想的なものは何かと考えた時、やはりカテゴリに綺麗に収まっている記事だと思いカテゴリ分けをしっかり行いました。

もし自分が本屋さんに行った時に整理整頓もされてない本屋さんよりはされている本屋さんの方が良いでしょう。

そう考えた結果、記事には適したカテゴリをしっかり付けておく形にしました。

Twitterで受からない…って言ってる方の中にカテゴリ分けをしていない方非常に多かったです。

画像は使って良い!でも露出が激しい写真は避けるのが無難

アドセンスに審査通すなら画像は使わない方がいいは真っ赤な嘘。

グーグルと言えば谷間を出していたりすると駄目と昔は聞いていたのですが一度自分が担当しているアプリでグーグルからお叱りを頂いた事があり、谷間も出ておらずポロリもしていない夏の外には普通にいる女の子の画像でした。

その事から肌の露出が何%かを超えたら警告を出されるという結論にいきつきました。

一番いいのはフリー素材を適材適所で使うということです。

ゆーのアイコン画像ゆー
好きな画像を載せたいならココナラで依頼をしたり自分で描いたりすると良いでしょう。
あわせて読みたい
SNSアイコンをオシャレにするココナラ!【オリジナルで差を作る】
SNSアイコンをオシャレにするココナラ!【オリジナルで差を作る】この記事はSNSのアイコンで簡単に他人と差をつける方法を紹介した記事になります。今回はココナラというサイトを使います。【この記事でわかる事】 SNSで目立つアイコ...

見出しを適切に使って読者にもグーグルにも見やすい文章を

これは個人的に見出し無しで書くのが嫌いなのもあるのですが、きちんと使用用途に分けて[h2]や[h3]などの見出しを使う事は意識しました。

目次を見ただけでこのブログの中身がわかるように見出しを使う

これは私が毎回記事を書く上で意識する事。実際本屋で片手間にとったものってパラパラとしかみないですよね。それでわかるようなレベルって事です。

ただの日記じゃなく誰かの役にたつ記事

ゆーのアイコン画像ゆー
いや~今日食べたラーメンは美味しかったなぁ~
ミナのアイコン画像ミナ
だから何…?ただの自己満ブログ書かれても…

こういう記事を書く人はアドセンスの審査に向いていません。
全員の役に立つ記事はどんな人でも書けませんが1人でも誰かの役に立つ情報を発信出来るようにして下さい。

ラーメンを食べにいったなら店舗情報を書いてオススメしたり、しっかり食レポしたりする事で役に立つ記事が出来ます。

アドセンスを難しく考えずもう一度自分の記事を見直そう

アドセンスを難しく考えずもう一度自分の記事を見直そう
グーグルアドセンスは厳しいよ…って何でかこの業界の風潮がありますけど、個人的な感想では普通だなとしか思いませんでした。

ユーザー目線にたち、常にユーザーの求める情報を発信する

そんな当たり前の事が出来る人ならアドセンスは合格出来るはずです!頑張って下さい。

コメント

コメントする

目次
閉じる